メリットとデメリットを教えます!期間従業員の求人

   

期間従業員とは、自動車や電子部品を製造する工場などで働く契約社員のことを指し、期間工とも呼ばれています。この契約社員というのは、工場を運営する企業と直接契約を結ぶという雇用形態のことであり、派遣会社と雇用契約を結んだ上で工場に派遣されるという派遣社員とは違う働き方になるため、その点をあらかじめ知っておくことも重要です。期間従業員の求人は、工場の生産が忙しくなると全国各地に向けて募集がかけられるため、求人誌などで見かけたことがある人も多いはずです。この求人の魅力は何と言っても給料の高さであり、興味を持っている人も少なくないのではないでしょうか。しかし、実際にどんな仕事なのかわからないため、応募するのにためらっている人もいるでしょう。なのでここでは、この仕事のさまざまなメリットとデメリットを紹介することで、この仕事の特徴を伝えたいと思います。

金銭面に関するメリットが魅力的

メリットについては、まず収入が高いということが挙げられます。年収にすると300万円を超える場合が多く、中には450万円以上稼ぐ人もいると言われています。ですので、とにかくお金を稼ぎたいという人や、商売を始めるための資金を貯めたいといった人に向いていると言えます。次に挙げられるメリットは、生活費があまりかからないということです。遠方から働きに来る場合は企業が用意する滞在施設を利用することができますが、その費用や水道光熱費は無料の場合が多くありますし、さらに食費が補助される場合もあります。ですので生活費があまりかからないため、給料の多くを貯蓄に回すことも可能です。さらに挙げられるメリットは、誰でも採用してもらいやすいということです。学歴や経験は不問とされる場合が多く、健康状態さえよければ概ね採用してもらうことが可能です。

働ける期間が決まっているというデメリット

一方のデメリットについては、35ヵ月までしか連続して働くことができないということがまず挙げられます。これは、35ヵ月を超える勤務を行わせる場合は正社員の扱いにしなければならないという決まりがあるためです。ですので働ける期間が終わる前に、次の仕事を探しておくことも必要になります。次に挙げられるデメリットは、配属先によって収入が少なくなる場合もあるということです。本人の希望通りの配属先にならない場合もあるため、配属先が夜勤や残業が少ない場合は、収入も少なくなってしまうでしょう。さらに挙げられるデメリットは、体力的にキツイ場合があるということです。多くの工場は24時間操業なので、日勤と夜勤を週替わりで行うという場合が多くなると言えます。ですので、最初は生活のリズムがつかみにくく体力的にキツイと感じる場合もあると言えるでしょう。

選考会に関しても「あなたが困らないよう」準備して参ります。 選考会に向かう当日もトラブルがあれば当社スタッフが対応して参ります。 求人の掲載が見やすいので働きたい企業が見つけやすいHPになっています。 期間従業員に関しましてはキャンペーンも行っております。 工事・製造業に関する求人を数多く掲載させて頂いております。 メーカーさん直接雇用での求人を積極的に行っております。 期間限定の従業員募集と求人情報を紹介